コンプレックスは豊胸手術であっという間に無くなる

お腹

しっかりと見極める

沖縄は観光客が多数訪れるため、脂肪吸引をしてくれるクリニックや美容外科が多いです。差別化のためにどこも一定以上の質がありますが、価格や質、アフターサービスなどが違ってきます。施術してもらう前に、自分はどこを重視するかを決めておくことが必要です。

女性

髭の脱毛にお勧め

リゼクリニックでは、男性のヒゲ脱毛を行っています。主に毛根をレーザーで破壊する医療レーザー脱毛治療を行っています。強い出力で毛根を確実に壊すので、永久脱毛効果を得られます。そのため、髭剃りに悩む多くの男性に人気です。

脂肪の吸引と移植

胸を測る人

メリハリのある状態に

脂肪吸引と組み合わせた豊胸術は、痩せながらバストアップができることから、高い人気があります。この豊胸術は具体的には、腹部の脂肪層から、脂肪細胞を傷つけないように取り出し、それをバストに移植するというものです。腹部の脂肪層に厚みがあるほど、多くの脂肪を取り出すことができますし、バストの肌に弾力があるほど、それを多く移植することができます。これにより、治療後はウエストのくびれが大きくなる上に、バストのボリュームがアップします。つまり、メリハリのある美しいプロポーションとなるわけです。しかも脂肪吸引後のリバウンドの可能性は低く、移植した脂肪は基本的にはバスト内に残り続けます。そのため治療後には、美しいプロポーションのままで長年を過ごすことが可能となるのです。

移植する量と定着する量

腹部からの脂肪吸引では、個人差があるものの、およそ600〜800ccの脂肪を取り出すことができます。ただし約半分は、不純物や吸引の際に傷ついた脂肪細胞なので、これらに関しては破棄されます。したがってバストに移植されるのは、300〜400ccということになります。左右のバストに同じ量だけ移植する場合には、片方のバストにつき150〜200ccの脂肪が入ります。このうち、バスト内の組織の一部として定着するのは100〜150ccほどなので、治療後には1〜1.5カップ分ほどバストアップすることになります。よりしっかりとバストアップさせたい場合には、再度豊胸術を受けることができます。今度は太ももやお尻などから脂肪を採取して、同じ段取りで乳房に移植するのです。ただし再度の豊胸術が可能となるのは、初回の治療の3〜4ヶ月後とされています。

脚

確実に細くなれる

ふくらはぎの脂肪吸引をする際には、きちんと把握したうえで後悔の内容に行うことが大切です。また、手術の終わった後も自分自身でケアをすることにより、その効果をさらに引き出すことができますので、毎日続けていくことが重要です。